源氏物語の賢木の巻の舞台となった場所は?京都検定三級合格ガイド!

🌸京都市内の桜、本日 満開見頃です!

【問題】『源氏物語』の「賢木」の巻の舞台となった(           )は黒木の鳥居や小柴垣でしられる。

(ア)椿姫神社

(イ)野宮神社

(ウ)大原野神社

(エ)宇治上神社

京都・観光文化検定験 第12回 3級 第11問

【正解】

(イ)野宮神社

丸暗記しましょう!

野宮神社は黒木の鳥居や小柴垣で知られ、源氏物語の賢木の巻の舞台になっている。

出典元https://kyoto-design.jp

出典元https://kyoto-design.jp

【黒木の鳥居】

野宮神社の鳥居は、樹皮のついたままの鳥居で、黒木鳥居といいます。この形式は鳥居の中で原始的で最も古いものです。

【小柴垣】

小柴でつくった、低い垣のことです。

出典元 http://awaya-noh.com

出典元 http://awaya-noh.com

◆野宮はその昔、天皇の代理で伊勢神宮にお仕えする斎王(皇女、女王の中から選ばれます)が伊勢へ行かれる前に身を清められたところです。
嵯峨野の清らかな場所を選んで建てられた野宮は、黒木鳥居と小柴垣に囲まれた聖地でした。その様子は源氏物語「賢木の巻」に美しく描写されています。

◆源氏物語の【賢木の巻】とは?

「賢木」(さかき)は、『源氏物語』五十四帖の巻名のひとつ。第10帖。巻名は作中で光源氏と六条御息所が交わした和歌「神垣はしるしの杉もなきものをいかにまがへて折れるさかきぞ」および「少女子があたりと思へば榊葉の香りをなつかしみとめてこそ折れ」に因む。謡曲『野宮』(世阿弥)の題材にもなっています。

能「野宮」について関心のある方は、こちらのサイトを是非ご一読くださいね。

粟谷能の会

出典元 粟谷能の会

出典元 粟谷能の会

【アクセス】

JR嵯峨野線「嵯峨嵐山駅」下車、徒歩10分
京福電車「嵐山駅」下車、徒歩10分
阪急「嵐山駅」下車、徒歩15分
市バス61・62系「野ノ宮」下車、徒歩5分

【所在地】

〒616-8393 京都市右京区嵯峨野宮町1

image

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする