宮中、宮家、尼門跡、で話されていた言葉は?京都検定三級過去問!

【問題】もとは宮中や宮家、尼門跡などで話されていた言葉はどれか。

(ア)中京ことば

(イ)西陣ことば

(ウ)御所ことば

(エ)花街ことば

京都・観光文化検定験 第12回 3級 第64問

【正解】

(ウ)御所ことば

丸暗記しましょう!

「御所ことば」はもとは宮中や宮家、尼門跡などで話されていた言葉である。

【京言葉の分類】

大きく分けて2つ

■公家言葉(御所言葉)
宮中や宮家、公家のあいだで室町時代初期から女官によって話されたもので、明治以降も一部の門跡で継承されてきました。
■町ことば
職業や地域によって更に細かく分類することが出来る。

(中京ことば)

中京区を中心として、室町や新町の問屋街・商家などで話されることば。

(職人ことば)

西陣の織物産業(西陣織)に従事する織屋の人々のことば。

(花街ことば)

祇園や宮川町などの花街で、舞妓や芸妓によって話されることば。

( 伝統工芸語)

京焼、京友禅、あるいは伏見の酒屋などの現場で話される職業語。

(農家ことば)
大原や八瀬など京都周辺の農村部で話されることば。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

ビットコインを増やすUSI-Techの最新情報はここからどうぞ♪

登録はこちらから

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする