白河院でさえ、思うようにならなかったと言われるのは?京都検定三級過去問!

【問題】平安末期、院政を行い絶大な権力を握った白河院でさえ、思うようにならなかったと言われるのは、双六の賽、山法師と、あと一つは何か。

(ア)今宮の疫神

(イ)賀茂川(鴨川)の水

(ウ)北野の雷神

(エ)鹿島の鯰

京都・観光文化検定試験 第9回 3級 第68問

【正解】

(イ)賀茂川(鴨川)の水

丸暗記しましょう!

白河院でさえ、思うようにならなかったと言われるのは、双六の賽、山法師と、賀茂川(鴨川)の水である。

【白河天皇】

[1053~1129]第72代天皇。在位1072~1086。後三条天皇の第1皇子。名は貞仁。譲位後も、堀河、鳥羽、崇徳天皇の3代にわたって43年間院政を行った。深く仏教に帰依し、社寺参詣もしきりに行った。法名、融覚。

img_7758

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

ビットコインを増やすUSI-Techの最新情報はここからどうぞ♪

登録はこちらから

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする