西方寺の庭を作庭したのは?京都検定三級過去問!

【問題】苔寺の別称で知られる西方寺の庭園を作庭した人物は誰か。

(ア)夢窓疎石

(イ)石川丈山

(ウ)小堀遠州

(エ)松永貞徳

京都・観光文化検定験 第12回 3級 第24問

【正解】

(ア)夢窓疎石

丸暗記しましょう!

 「夢窓疎石」は、苔寺の別称で知られる西方寺の庭園を作庭した。

【夢窓疎石】

出典元ウィキペディア

[1275~1351]南北朝時代の臨済宗の僧。伊勢の人。

一山一寧・高峰顕日に師事。

後醍醐天皇・足利尊氏らの篤信を受け、京都嵯峨に天竜寺を開山。

天竜寺船による貿易を促し、また造園芸術を発展させた。

門派は夢窓派といい、五山文学の最盛期をつくった。著「夢中問答」「臨川寺家訓」「西山夜話」「夢窓国師語録」など。

正覚国師。心宗国師。普済国師。夢窓国師。

(出典元デジタル大辞泉)

■西方寺

出典元http://find-travel.jp

西方寺公式サイト

💡類似過去と説明はこちらをご覧ください💁

↓           ↓          ↓

通称「苔寺」と呼ばれている寺院は?京都検定過去問で学ぶ三級合格ガイド!

【アクセス】

●京都バス「苔寺・すず虫寺」下車、すぐ

●阪急電鉄嵐山線松尾大社駅下車、徒歩20分

【所在地】京都府京都市西京区松尾神ヶ谷町56

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする