『かにかくに・・・」と詠んだ祇園を愛した歌人は?京都検定三級合格ガイド

🌸祗園白川の枝垂れ桜が咲いてきました(*^_^*)

【問題】祇園新橋のほとりに『かにかくに・・・・」ではじまる歌の碑が立つ。この歌を詠んだ人物は誰か。

(ア)西田幾太郎

(イ)与謝野鉄幹

(ウ)吉井勇

(エ)谷崎潤一郎

京都・観光文化検定験 第12回 3級 第39問

【正解】(ウ)吉井勇

丸暗記しましょう

祇園新橋には、歌人吉井勇が詠んだ『かにかくに』で始まる歌の碑がある

祇園を愛した歌人、吉井勇がお茶屋の情景を詠ったもので、歌碑には

かにかくに祇園はこひし寝るときも 枕の下を水のながるる 』とあります。

「かにかくに」はあれこれと、の意味。歌碑には「かにかくに祇園はこひし寝るときも 枕のしたを水のながるる」と、お茶屋の情景が刻まれています。

歌碑は、太平洋戦争の空襲に備え撤去されたお茶屋の跡地に、谷崎潤一郎らが昭和30年11月8日に,吉井勇の古稀(七十歳)の祝いとして,建立されました。花街、祇園甲部の行事として「かにかくに祭」が定着しています。

出典元 sankei.com

出典元 sankei.com

image

image

吉井 勇(よしい いさむ)1886年(明治19年)10月8日 – 1960年(昭和35年)11月19日)は、大正・昭和期の歌人、脚本家である。爵位は伯爵。

出典元 ウィキペディア

出典元 ウィキペディア

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする