毘沙門天像を所蔵する寺院は?京都検定三級合格ガイド

【問題】京都には、国宝に指定された彫刻の毘沙門天像が2躯ある。ひとつは東大寺所蔵の兜跋毘沙門天像であるが、もうひとつの像を所蔵する寺院はどこか。

(ア)青蓮院

(イ)聖護院

(ウ)清水寺

(エ)鞍馬寺

京都・観光文化検定試験 第13回 3級 第89問

【正解】

(エ)鞍馬寺

丸暗記しましょう!

京都には、国宝に指定された彫刻の毘沙門天像が2躯ある。ひとつは東大寺所蔵の兜跋毘沙門天像であるが、鞍馬寺がもうひとつの像を所蔵する。

■毘沙門天立像

【鞍馬寺 本殿金堂】

出典元ウィキペディア

鞍馬寺 公式サイト

💡関連過去問と解説はこちらをご覧ください💁

「神事にまいらっしゃれ」の神事触れで始まる奇祭は?京都検定三級合格!

【アクセス】叡山電車 鞍馬下車 徒歩約5分
山頂の本殿までは、更にケーブル2分と徒歩10分又は徒歩のみ30分
【所在地】京都市左京区鞍馬本町1074

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする