北野天満宮の門前菓子は?京都検定3級過去問!

【問題】飴餅ときな粉餅の二種類がある北野天満宮の門前菓子は何か。

(ア)粟餅

(イ)法螺貝餅

(ウ)鳩餅

(エ)鎌餅

京都・観光文化検定試験 14 3 59

【正解】

(ア)粟餅

出典元http://kyoto-wagasi.com/review/sawaya_awamoti.html

丸暗記しましょう!

北野天満宮の門前菓子は飴餅ときな粉餅の二種類がある粟餅である。

粟餅は古来より米の餅と同様に作られてきたが、江戸時代になると菓子として食べられるようになり、各地の盛り場などに店が立つようになった。これらの粟餅店は葦簀張りでその場で粟餅を炊きつきあげるものが多く、つきたての餅に人気が集まった。とくに江戸の目黒不動や京都の北野天満宮の門前のものが著名であった。(出典元ウィキペディア)

💡関連過去問と解説はこちらをご覧ください💁‍♀️

↓        ↓        ↓         ↓

■北野天満宮 名物 京都検定(京都・観光文化検定)三級合格ガイド

【アクセス】

市バス「北野天満宮前」下車すぐ、または嵐電「北野白梅町駅」下車、徒歩約7分

【所在地】京都市上京区馬喰町