第二代京都府知事は誰か?京都検定第15回3級過去問!

【問題】明治初期に産業育成の一環で、舎密局(せいみきょく)、女紅場(にょこうば)、勧業場などの設置を推進した第二代京都府知事は誰か。

(ア)長谷信篤

(イ)北垣国道

(ウ)西郷菊次郎

(エ)槇村正直

京都・観光文化検定試験 第15回 3級 第10問

【正解】

(エ)槇村正直

京都検定3級合格必須の丸暗記文!

第二代京都府知事の槇村正直は、明治初期に産業育成の一環で、舎密局(せいみきょく)、女紅場(にょこうば)、勧業場などの設置を推進した。

■槇村正直

出典元ウイキペディア

嘉永3年杉田文佐衛門の養子となり、安政元年槇村五八郎満久の養子となる。慶応元年家督を相続し、明治元年上京。京都府に出仕し、議政官史官、権大参事、4年大参事、8年権知事、10年知事に昇進。この間、府の勧業場を設け、舎密局、授産所、養蚕所、製革場などを管理して産業の振興を計った。また、学校、図書館、病院の設立にも尽力。14年元老院議官に転じ、行政裁判所長官などを歴任。

(出典元政治家人名事典)

★舎密局

明治初期に理化学の実験と教育のために設立された機関。明治元年(一八六八)幕府の開成所の理化学部門を大阪に移転し、翌年開局した。同三年理学校と改称、のち、大阪開成所に統合された。また、同三年に京都舎密局も開設されたが、同一七年廃局。(出典元日本国語大辞典)

★女紅場

女紅伝習所ともいう。明治初期に,全国各地に設けられた婦人のための授産場。裁縫などの手仕事を教授した。その名は現在,京都祇園の舞妓の学校に残されている。(出典元ブリタニカ国際大百科事典)

★観業湯

明治期の初めに登場して関東大震災のころまで普及した,商品の陳列・即売場。現在のデパートに近い役割を果たした。(出典元世界大百科事典)

★関連過去問と解説はこちらをご覧ください

 ↓  ↓  ↓  ↓ 

明治初期に植村正直が整備した繁華街は?京都検定第12回3級過去問!

貴女のココロに寄り添いお話を聞かせていただきます 波乱万丈の人生経験済みの★心理カウンセラー★愚痴などもOK

☆しあわせチップス

ブログランキングを見る

ブログランキングに参加しております
よろしければポチっとおねがいします

生涯学習ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする