事始めに、祇園甲部の芸舞妓が芸事の師匠に届ける物は?京都検定3級過去問!

【問題】12月13日の『事始め』に合わせて、祇園甲部の芸舞妓は感謝の気持ちを込めて(    )を芸事の師匠に届ける。

(ア)鏡餅

(イ)羽織

(ウ)鯛

(エ)清酒

京都・観光文化検定試験 14 3 38

丸暗記しましょう!

祇園甲部の芸舞妓は感謝の気持ちを込めて、 事始めに鏡餅を芸事の師匠に届ける。

事始めは江戸時代から京に伝わる古いならわしで、煤払いをして正月の支度を始めることから、正月起こしともいったようです。

祇園甲部では芸妓・舞妓さんが一重ねの鏡餅を持ち、京舞の井上八千代師匠のもとへ、一年のしめくくりと新年にむけての挨拶にいきます。
八千代師は「おきばりやっしゃ」という言葉とともに一人ひとりに舞扇を手渡します。

(出典元https://www.gion.or.jp/maiko/事始め)

出典元https://zeppelin2nd.hatenablog.com/entry/2019/12/27/071846