六道珍皇寺の井戸から地獄へ通ったと言われている人物は?京都検定3級過去問!

【問題】8月7日から10日まで、六道まいりが行われる六道珍皇寺には、この寺の井戸から地獄へ通ったという人物の像が安置されている。その人物は誰か?

(ア)源頼光

(イ)浄蔵貴所

(ウ)小野篁

(エ)渡辺綱

京都・観光文化検定試験 14 3 47

【正解】

(ウ)小野篁

丸暗記しましょう!

六道珍皇寺には、この寺の井戸から地獄へ通ったという 小野篁像が安置されている。

■小野篁(おののたかむら)

出典元http://www.rokudou.jp/legend/takamura.html

平安前期の公卿,文人。『凌雲集』の選者岑守の子。嵯峨天皇が武芸好きの篁をみて,父に似ぬ子と慨嘆したと聞いて発憤,学問に専心するようになったといい,その型破りの性格から野狂(粗野と小野を兼ねる)と称された。「無悪善」という落書きを,「サガ(悪)無クバ,善カリナマシ」(嵯峨天皇がいなかったら世の中がよくなるのに)と詠んで嵯峨の怒りを買ったというエピソードもある(『江談抄』)。承和1(834)年遣唐副使に任命されたが,同5年,3度目の出発のとき,大使藤原常嗣から篁の船を求められたことに憤慨,病気と偽って乗船を拒否したため隠岐に配流された。その際「西道謡」をつくって渡唐を批判したというが,詩は伝えられていない。2年後召還され,同14年,参議。博識多才で漢詩は白楽天,書は王羲之父子に匹敵するといわれたほど。『経国集』『和漢朗詠集』『古今集』などに作品を残すほか,『令義解』の編集にも携わった。冥土へ往来したとか,冥官(地獄の閻魔王の庁の役人)になったといった類の逸話が多く(『今昔物語』『江談抄』),珍皇寺(京都市東山区)や千本閻魔堂(引接寺,上京区)にはそうした伝承がある。隠岐(島根県)にも篁にまつわる幾つかの伝承を残す。京都市北区にある紫式部のそれと並ぶ土まんじゅうが,古来篁の墓とされてきた。

(出典元朝日日本歴史人物辞典)

■六道珍皇寺公式サイト

💡関連過去問題と解説はこちらをご覧ください💁‍♀️

↓           ↓           ↓             ↓

■堀川北大路下ルに紫式部と並んである墓は誰の?京都検定三級合格ガイド!

■幽霊子育飴はどこの門前で販売されているか?京都検定三級過去問!

■「水回向」を盂蘭盆会行事として行う寺院は?京都・観光文化検定(京都検定)三級合格ガイド!

【アクセス】

京都市バス清水道バス停西へ徒歩
京阪本線「祇園四条駅」下車徒歩約7分、または「清水五条駅」下車徒歩約8分

【所在地】京都市東山区大和大路通四条下ル4丁目小松町595