桂小五郎 京都・観光文化検定三級に楽しく合格するポイント

江戸時代、現在の京都ホテルオークラ(河原町御池)の場所は(              )藩邸があったところであり、その前には幕末の英雄、桂小五郎の像がある。

(ア)会津

(イ)薩摩

(ウ)長州

(エ)土佐

京都・観光文化検定試験 第10回 3級 第83問

正解

(ウ)長州

京都ホテルオークラ(河原町御池)の場所は、長州藩邸があったところで、幕末の英雄、桂小五郎の像がある。

京都ホテルオークラ

image

御池通に面した柱の裏側にあります。探すのに一苦労しました(^^;;

image

桂小五郎像は、ホテルの北西角にあります。

凛々しくて感動しました!毎日会いに行きたいぐらいです!

image

右手に見えるカーテンの向こう側は、ホテルロビーにあるカフェです。

image

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする