現存する最も高い五重の塔があるのは?京都検定三級過去問制覇!

💡国宝 五重塔 初層の特別拝観 開催中です!

会期:2016年4月29日(金)〜5月25日(水)
拝観時間:午前8時30分~午後6時 (拝観受付は午後5時ま30分で・会期中無休)

【問題】現存する木造の塔として最も高い五重の塔があるのは(           )である。

(ア)東寺

(イ)仁和寺

(ウ)法観寺

(エ)海住山寺

京都・観光文化検定験 第9回 3級 第25問

(ア)東寺

丸暗記しましょう!

東寺の五重の塔は現存する木造の塔として、最も高い。

【国宝 五重塔 江戸時代(寛永21年/1644年) 木造 本瓦葺】

出典元 http://alwaysonemoretime.blog82.fc2.com

出典元 http://alwaysonemoretime.blog82.fc2.com

【五重塔とは?】
仏塔の形式の一つ。層塔と呼ばれる楼閣形式の仏塔のうち、五重の屋根を持つものを指すします。下から地(基礎)、水(塔身)、火(笠)、風(請花)、空(宝珠)からなるもので、それぞれが5つの世界(五大思想)を示し、仏教的な宇宙観を表しています。

【東寺にある、五重の塔】

高さ約55メートルで、木造の建築物としては日本一の高さです。

五重塔は、仏陀の遺骨を安置するストゥーパが起源とされ、東寺の五重塔には、弘法大師空海が唐より持ち帰った仏舎利を納めています。
落雷などによって4度焼失しましたが、そのたびに、多くの僧が奔走。五重塔再建という大事業を成し遂げてきました。
いまの五重塔は、寛永21年、1644年に徳川家光が再建した、5代目にあたります。

【所在地 】〒601-8473 京都市南区九条町1番地

【アクセス】

JR京都駅」(八条口)下車 1.1km 徒歩15分
「近鉄東寺駅」下車 0.6km 徒歩10分
京阪「丹波橋駅」で「近鉄丹波橋駅」乗換え 「近鉄東寺駅」下車 徒歩10分
阪急「大宮駅」で市バス18系統、71系統、207系統乗り換え 「東寺東門前」下車 徒歩1分

image

☝️東寺の関連記事はこちらです

東寺の弘法さんの有名菓子は?京都観光・文化検定(京都検定)三級合格ガイド!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする