南禅寺近くの無鄰菴を造営したのは?京都観光・文化検定三級過去問

【問題】南禅寺の近くにある庭園別荘群のうち、無鄰菴は(              )の旧別邸である。

(ア)市田弥一郎

(イ)野村徳七

(ウ)松下幸之助

(エ)山県有朋

京都・観光文化検定験 第10回 3級 第21問

【正解】

(エ)山県有朋

丸暗記しましょう!

無鄰菴とは山縣有朋が造営した別荘である。

無鄰菴(むりんあん)は明治・大正の元老山縣有朋が造営した別荘。

七代目小川治兵衛の作庭で、東山を主山とした芝生空間があります。
また、琵琶湖疏水から、水を引いた自然趣向の庭園でもあります。
敷地面積は3,135m2(約950坪)
昭和26年(1941)に、山縣家から京都市に譲渡されました。

国の名勝に指定されています。

image

image

名勝 無鄰菴公式ページ

【アクセス】

地下鉄東西線 蹴上下車 徒歩北西約7分

市バス 神宮道下車 北東徒歩約10分

【所在地】京都市左京区南禅寺草川町31番地

image

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする