池坊を体系化した本を著したのは?京都・観光文化検定三級過去問

【問題】池坊のいけばなを体系化した「専応口伝」を著した池坊専応は、(               )の住職であった。

(ア)大覚寺                     だいかくじ

(イ)頂法寺(六角堂)     ちょうほうじ(ろっかくどう)

(ウ)東福寺                    とうふくじ

(エ)仁和寺                     にんなじ

京都・観光文化検定試試験 第10回 3級 第36問

【正解】

(イ)頂法寺(六角堂)      ちょうほうじ(ろっかくどう)

image

丸暗記しましょう!

池坊のいけばなを体系化した「専応口伝」を著した池坊専応は、頂法寺(六角堂)の住職であった。

【専応口伝】

池坊専応によるいけばなの伝書。《専応花伝書》ともいう。専応は花道の成立期である1523年(大永3)ごろから43年(天文12)ごろまでに活躍した文阿弥(もんあみ)と同時代の立花(たてはな)の名手で,頂法寺六角堂の僧侶であり,池坊の流れにおける花道の大成者でもある。専応の口伝を記述した伝書のうち現存するものは,いずれも転写本であるが,1523年から42年にかけての6種がある。とくに名高いものは専応が自筆で42年に円林坊賢盛へ相伝したとの奥書をもつ《続群書類従》所収本である。

(出典元 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト)

頂法寺(六角堂)公式サイト

💡関連記事💡

へそ石 京都・観光文化検定三級に一発合格ポイント!

【所在地】京都市中京区六角通東洞院西入堂之前町248

image

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする