日野薬師とも通称される寺院はどこか?京都・観光文化検定(京都検定)三級過去問

【問題】阿弥陀如来座像と阿弥陀堂がいずれも国宝であり、「日野薬師」とも通称される寺院はどこか。

(ア)醍醐寺

(イ)一言寺

(ウ)法界寺

(エ)宝積寺

京都・観光文化検定試験 第11回 3級 第77問

【正解】

(ウ)法界寺

丸暗記しましょう!

「法界寺」は「日野薬師」とも通称され、阿弥陀如来座像と阿弥陀堂がいずれも国宝である。

image

法界寺(ほうかいじ)
真言宗醍醐派別格本山の寺院。
山号を東光山と称する。

本尊は薬師如来(秘仏)、開基は伝教大師最澄とされています。

藤原氏の一族である日野家の氏寺で、「日野薬師」あるいは「乳薬師」の別名で知られる薬師信仰の寺であるとともに、国宝の阿弥陀堂と阿弥陀如来像を有することでも知られています。

阿弥陀如来像(重文)は、胎内仏というところから、安産、授乳、子授等のご利益があり、特に女性の信仰を集めています。

■阿弥陀堂

出典元 ウィキペディア

出典元 ウィキペディア

【アクセス】

京阪バス  石田下車 徒歩約13分

京阪バス 日野薬師下車すぐ

【所在地】京都市伏見区日野西大道町19

image

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする