伊藤若沖が五百羅漢を造った寺院は?京都検定三級過去問!

【問題】江戸中期に絵師として活躍した伊東若沖は、(         )に五百羅漢を造った。

(ア)海宝寺             かいほうじ

(イ)閑臥庵            かんがあん

(ウ)石峰寺             せきほうじ

(エ)相国寺             そうこくじ

image

京都・観光文化検定試験 第11回 3級 第18問

【正解】

(ウ)石峰寺

丸暗記しましょう!

江戸中期の絵師、伊東若沖は石峰寺に五百羅漢を造った。

石峰寺(せきほうじ)の裏山に広がる五百羅漢像は江戸中期の絵師、伊藤若冲(じゃくちゅう)が下絵を描き、石工に彫らせました。

五百羅漢は釈迦入滅後に集まった弟子500人を指し、ここでは動物なども交えて説法場や涅槃(ねはん)場など8場面を構成ます。

当初は1千体以上あったとされます。

出典元 日本経済新聞

出典元 日本経済新聞

石峰寺 公式サイト

【アクセス】

京阪電車 深草下車 徒歩約5分
JR奈良線 稲荷下車 徒歩約8分

【所在地】京都市伏見区深草石峰寺山町26

image

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする