小倉百人一首の撰者は?京都・観光文化検定(京都検定)三級過去問!

【問題】冷泉家に伝わる「古今和歌集」「後撰和歌集」(いずれも国宝)を書き写した、小倉百人一首の撰者でもある人物はだれか。

(ア)藤原俊成

(イ)藤原定家

(ウ)藤原為相

(エ)藤原為家

京都・観光文化検定試験 第11回 3級 第80問

(イ)藤原定家

丸暗記しましょう!

「藤原定家」は、冷泉家に伝わる「古今和歌集」「後撰和歌集」(いずれも国宝)を書き写し小倉百人一首の撰者でもある。

image

出典元ウィキペディア

【藤原定家 ふじわらの-さだいえ】

1162-1241 鎌倉時代の公卿(くぎょう),歌人。
応保2年生まれ。藤原俊成(としなり)の子。母は美福門院加賀。正二位,権(ごんの)中納言。京極中納言とよばれる。父の指導をうけ,後鳥羽(ごとば)院歌壇で活躍。「新古今和歌集」「新勅撰和歌集」の撰者となり,「小倉百人一首」も撰した。「源氏物語」などの古典の書写,校訂にも大きな功績をのこす。仁治(にんじ)2年8月20日死去。80歳。法名は明静。日記に「明月記」,家集に「拾遺愚草」,歌論書に「詠歌大概」など。
【格言など】来ぬ人をまつほの浦の夕凪(ゆふなぎ)に焼くや藻塩(もしほ)の身も焦がれつつ(「小倉百人一首」)

(出典元 日本人名大辞典)

出典元 時雨殿

出典元 時雨殿

小倉百人一首殿堂 時雨殿

【古今和歌集】
こきんわかしゅう

平安時代前期の最初の勅撰和歌集。 20巻。歌数 1095首余。醍醐天皇の命により,紀友則 ,紀貫之 ,凡河内躬恒 (おおしこうちのみつね) ,壬生忠岑 (みぶのただみね) が撰集にあたった。

(古今和歌集 藤原定家筆)

出典元 文化遺産オンライン

出典元 文化遺産オンライン

(後撰和歌集 藤原定家筆)

出典元 文化遺産オンライン

出典元 文化遺産オンライン

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする