東福寺方丈の八相の庭の作者は?京都検定三級過去問!

【問題】東福寺方丈には、昭和を代表する作庭家(          )が作庭した「八相の庭」がある。

(ア)小川治兵衛

(イ)小島佐一

(ウ)重森三玲

(エ)中根金作

京都・観光文化検定試験 第10回 3級 第25問

【正解】

(ウ)重森三玲

丸暗記しましょう!

東福寺方丈には「重森三玲」が作庭した「八相の庭」がある。

(北庭)

image

【東福寺方丈庭園〜「八相の庭」】

「重森三玲」により昭和13年(1938年)に作庭されました。

方丈を四方に囲む庭は、「八相成道(釈迦の生涯で起きた8つの重要な出来事)」を表現し、八相の庭と命名されています。
■南庭

荒海の砂紋の中に蓬莱、方丈、瀛洲、壺梁の四仙島を表現した配石。

右方には五山が築山として表現されています。

出典元http://ohmifuji.blog.so-net.ne.jp

出典元http://ohmifuji.blog.so-net.ne.jp

■北庭
石と苔を幾何学的な市松模様に配しています。

image

■西庭
さつきの刈込みと砂地が大きく市松模様に入り、くず石を方形に組んで井田を意図しています。

出典元http://www.lovethelife.org/life

出典元http://www.lovethelife.org/life

■東庭
柱石の余材を利用して北斗七星を構成し、雲文様の地割に配しています。

出典元http://blogs.yahoo.co.jp/masatake_ko

出典元http://blogs.yahoo.co.jp/masatake_ko

東福寺方丈庭園 公式サイト

【アクセス】JR・京阪電車 東福寺下車 徒歩約10分

                  市バス 東福寺下車 徒歩約10分

【所在地】京都市東山区本町15丁目77

image

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする