能舞台の名称 京都・観光文化検定(京都検定)三級合格ガイド!

【問題】下図は金剛能楽堂の能舞台の平面図である。能舞台にはそれぞれ名称があるが、向かって左奥の方へ延びている手すり付きの長い廊下の部分を(            )という。

(ア)後座

(イ)橋掛り

(ウ)地謡座

(エ)鏡板

image

京都・観光文化検定試験 第10回 3級 第40問

【正解】

(イ)橋掛り

丸暗記しましょう!

能舞台で、向かって左奥の方へ延びている手すり付きの長い廊下の部分を『橋掛り』という。

【橋掛り(はしがかり)】

橋掛かりとは、揚幕から本舞台へとつながる長い廊下部分のこと。

ここには、微妙な傾斜がつけられており、観客から見て遠近感が強く感じられるように設計されているそうです。

この橋掛かりを通って、シテは、揚幕から本舞台へと現れ、消えていきます。
それは、亡霊が現れては消えていく、能の物語そのものです。
まるで、橋掛かりが、あの世とこの世を結ぶ道のようです。

(出典元 ■脳の誘い 脳のことば

金剛能楽堂公式サイト

【アクセス】地下鉄烏丸線今出川駅より徒歩5

【所在地】京都市上京区烏丸通中立売上ル

image

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする