『みかえり阿弥陀』で知られる寺院は?京都・観光文化検定三級過去問!

【問題】秋の紅葉が美しく、本尊の『みかえり阿弥陀』(重文)で知られる寺院はどこか。

(ア)永観堂

(イ)安楽寺

(ウ)真如堂

(エ)法然院

京都・観光文化検定試験 第9回 3級 第19問

【正解】

(ア)永観堂

丸暗記しましょう!

『永観堂』は秋の紅葉が美しく、本尊の『みかえり阿弥陀』(重文)で知られる。

image

【禅林寺の本尊阿弥陀如来立像】

顔を左(向かって右)に曲げた特異な姿の像である。

永保2年(1082年)、当時50歳の永観が日課の念仏を唱えつつ、阿弥陀如来の周囲を行道していたところ、阿弥陀如来が須弥壇から下り、永観と一緒に行道を始めた。驚いた永観が歩みを止めると、阿弥陀如来は振り返って一言、「永観遅し」と言ったと言われています。

本寺の阿弥陀如来像はそれ以来首の向きが元に戻らず、そのままの姿で安置されているのだと伝承されています。

image image

(出典元 京都フリー写真素材

【禅林寺】

浄土宗西山禅林寺派総本山の寺院。

一般には通称の永観堂(えいかんどう)の名で知られる。

山号を聖衆来迎山

院号を無量寿院と称する。

本尊は阿弥陀如来、

開基(創立者)は、空海の高弟の真紹僧都。

当寺は紅葉の名所として知られ、古くより「秋はもみじの永観堂」といわれる。

永観堂公式サイト

【アクセス】

地下鉄東西線 蹴上下車 徒歩約15分

市バス 南禅寺・永観堂道下車 徒歩約3分

【所在地】左京区永観堂町48

image

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする