舞妓が晴れてお座敷に出るのは?京都検定三級過去問?

【問題】京都の花街では、修行を終えて、晴れて舞妓がお座敷に出ることを何というか。

(ア)仕込み

(イ)店出し

(ウ)襟替え

(エ)事始め

京都・観光文化検定試験 第9回 3級 第38問

【正解】

(イ)店出し

丸暗記しましょう!

『店出し』とは、京都の花街では、修行を終えて、晴れて舞妓がお座敷に出るとをいう。

『店出し』前の儀式「お杯」

出典元http://www.sankei.com/smp/west/photos/150106/wst1501060029-p3.html

出典元http://www.sankei.com/smp/west/photos/150106/wst1501060029-p3.html

舞妓としてお披露目される「店出し」を迎えると、

初めて黒紋付の正装に着付けてもらい、

先輩の芸妓と姉妹の証となる杯を交わして、あいさつ回りをします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする