高台寺霊屋に安置される木像は?京都検定三級過去問!

【問題】高台寺の霊屋に、豊臣秀吉のものとともに木像が安置される人物は誰か。

(ア)豊臣秀次

(イ)淀殿

(ウ)北政所

(エ)豊臣秀頼

京都・観光文化検定試験 第13回 3級 第19問

【正解】

(ウ)北政所

丸暗記しましょう!

高台寺の霊屋には、『北政所』とともに豊臣秀吉の木像が安置されている。

■高台寺 霊屋

出典元ウィキペディア

出典元 高台寺

■高台寺■

京都府京都市東山区にある臨済宗建仁寺派の寺院。

山号は鷲峰山(じゅぶさん)。

寺号は詳しくは高台寿聖禅寺と称する。

豊臣秀吉の正室である北政所(高台院)が秀吉の冥福を祈るため建立した寺院であり、寺号は北政所の落飾後の院号である高台院にちなむ。

釈迦如来を本尊とする禅宗寺院であるとともに、秀吉と北政所を祀る霊廟としての性格をもった寺院である。

霊屋(おたまや)の堂内装飾には桃山様式の蒔絵が用いられ、これを「高台寺蒔絵」と呼ぶ。他に北政所所持と伝えられる蒔絵調度類を多数蔵することから「蒔絵の寺」の通がある。

(出典元 ウィキペディア)

高台寺公式サイト

【アクセス】

京阪電車 祇園四条駅下車 徒歩約20分

阪急電車 河原町駅下車 徒歩約20分

市バス 東山安井下車 徒歩約5分

【所在地】京都市東山区高台寺下河原町526

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする