文化庁関西分室が置かれて知られ重要文化財の建築物は?京都検定三級過去問!

【問題】現在文化庁関西分室が置かれている、明治34年(1904)に竣工した松室重光設計の重要文化財の建物は何か。

(ア)京都府庁旧本館

(イ)京都市役所本庁舎

(ウ)京都文化博物館別館

(エ)京都市考古資料館

京都・観光文化検定試験 第13回 3級 第23

【正解】

(ア)京都府庁旧本館

出典元http://www.pref.kyoto.jp/qhonkan/1214473296472.html

丸暗記しましょう!

現在文化庁関西分室が置かれている『京都府庁旧本館』は明治34年(1904)に竣工した松室重光設計の重要文化財である。

■松室 重光(まつむろ しげみつ)

(1873年4月26日 – 1937年1月30日)は、京都を中心に多くの建築物の設計を手がけた建築家。ネオ・ルネサンス様式の名建築として知られる京都府庁舎旧本館や、京都ハリストス正教会聖堂などの設計などで知られる。

出典元http://www.pref.kyoto.jp/qhonkan/1214473296472.html

出典元http://www.pref.kyoto.jp/qhonkan/1214473296472.htm

旧知事室

出典元http://www.pref.kyoto.jp/qhonkan/1214473296472.html

旧議事場

出典元http://www.pref.kyoto.jp/qhonkan/1214473296472.html

京都府ホームページ

【アクセス】

●地下鉄
京都駅から市営地下鉄烏丸線「丸太町」下車、
または二条駅から市営地下鉄東西線乗車、「烏丸御池」で烏丸線に乗換え、
「丸太町」下車、徒歩10分
●市バス
三条京阪から10系統、
京阪神宮丸太町から93系統、202系統、204系統、
「府庁前」下車徒歩5分

【所在地】京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする