清凉寺の本尊は?京都・観光文化検定(京都検定)三級過去問!

【問題】胎内に絹製の五臓六腑などが納められていたことで知られる、奝然が中国からもたらした清凉寺の本尊は何か。

(ア)釈迦如来立像

(イ)先手観音座像

(ウ)阿弥陀如来立像

(エ)弥勒菩薩半跏思惟像

京都・観光文化検定試験 第13回 3級 第28問

【正解】

(ア)釈迦如来立像

丸暗記しましょう!

『奝然』が中国からもたらした「清凉寺の本尊『釈迦如来立像』胎内に絹製の「五臓六腑」などが納められていたことで知られる。

💡類似過去問と清凉寺、釈迦如来立像、五臓六腑の説明はこちらをお読みください。

↓           ↓              ↓

五臓六腑などが胎内に納められている釈迦如来立像(国宝)を本尊とする寺院は?京都検定三級過去問!

■奝然(ちょうねん)

938-1016 平安時代中期の僧。
承平(じょうへい)8年1月24日生まれ。観理に真言と三論をまなび,元杲(げんごう)から灌頂(かんじょう)をうける。永観元年宋(そう)(中国)にいき,大蔵経(だいぞうきょう)五千余巻や釈迦像などをもって帰国。永延3年東大寺別当。没後,弟子の盛算(せいさん)が京都に清凉寺をたて,奝然がもちかえった釈迦像を安置した。長和5年3月16日死去。79歳。京都出身。俗姓は秦。日記に「奝然在唐記」。

(出典元デジタル版日本人名大辞典)

清凉寺公式サイト

【アクセス】

●京福電車 嵐山下車 徒歩約15分

●市バス・京都バス 嵯峨釈迦堂前下車 徒歩約1分

【所在地】京都市右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町46

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする