千灯供養が行われる寺院は?京都・観光文化検定(京都検定)三級過去問!

【問題】8月23日と24日に千灯供養が行われる寺院はどこか。

(ア)化野念仏寺

(イ)六波羅蜜

(ウ)壬生寺

(エ)東大谷(大谷祖廟)

京都・観光文化検定試験 第13回 3級 第46問

【正解】

(ア)化野念仏寺

丸暗記しましょう!

「化野念仏寺」では、8月23日と24日に千灯供養が行われる。

出典元http://yasu733.exblog.jp/24846913/

■千灯供養

右京区の化野(あだしの)念仏寺で8月23日、24日夜、境内の約8千体の石仏や石塔にろうそくをともして無縁仏を供養する行事。

吉田兼好の随筆「徒然草(つれづれぐさ)」にも登場する化野は、鳥辺野(とりべの)、蓮台野(れんだいの)とともに古くから京都の葬送の地として知られる。千灯供養は化野一帯に散らばっていた無縁の石仏を集めて、明治中期に始まったとされる。

(出典元 朝日デジタルニュース)

出典元 朝日新聞デジタル)

■化野念仏寺

伝承によれば弘仁2年(811年)、空海が五智山如来寺を建立し、野ざらしになっていた遺骸を埋葬したのに始まるとされ、後に法然が念仏道場を開き、念仏寺となったという。本尊は阿弥陀如来像(寺伝に湛慶作というが実際の作者は不明)、本堂は江戸時代の正徳2年(1712年)に寂道により再建されたもの。境内の約8000体という夥しい数の石仏・石塔は、明治36年(1903年)頃に、化野に散在していた多くの無縁仏を掘り出して集めたものである。境内には水子地蔵もあり、地蔵菩薩の縁日には水子供養が行われている。伝承によれば弘仁2年(811年)、空海が五智山如来寺を建立し、野ざらしになっていた遺骸を埋葬したのに始まるとされ、後に法然が念仏道場を開き、念仏寺となったという。本尊は阿弥陀如来像(寺伝に湛慶作というが実際の作者は不明)、本堂は江戸時代の正徳2年(1712年)に寂道により再建されたもの。境内の約8000体という夥しい数の石仏・石塔は、明治36年(1903年)頃に、化野に散在していた多くの無縁仏を掘り出して集めたものである。境内には水子地蔵もあり、地蔵菩薩の縁日には水子供養が行われている。

(出典元ウィキペディア)

あだしの念仏寺公式サイト

【アクセス】京都バス鳥居本下車 徒歩約5分
【所在地】京都市右京区嵯峨鳥居本化野町17

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする