かつては皇室が皇子誕生のたびに参詣し、土産にしたと伝わる門前菓子は?京都検定三級過去問!

【問題】厄除けのご利益があるとされ、明治維新までは皇室が皇子誕生のたびに参詣し、土産にしたと伝わる、御霊神社(上御霊神社)の門前菓子は何か。

(ア)鳩餅

(イ)あぶら餅

(ウ)唐板

(エ)みたらし団子

京都・観光文化検定試験 第13回 3級 第71問

【正解】

(ウ)唐板

出典元http://www.asahi.co.j

丸暗記しましょう!

御霊神社(上御霊神社)の門前菓子 「唐板」厄除けのご利益があるとされ、明治維新までは皇室が皇子誕生のたびに参詣し、土産にしたと伝わる。

【玉雲堂】

玉雲堂は応仁の乱終結直後文明9年(1477年)に今の場所(上御霊神社の向かい)に店舗を構え、伝統の味を伝えています。

■上御霊神社

💡類似過去問と 「唐板」 の説明はこちらをご覧ください。

↓          ↓          ↓

鞍馬口駅東側にあり、唐板という門前菓子がある寺院は?京都検定三級過去問!

💡上御霊神社の関連記事はこちらです。

↓    ↓     ↓

応仁の乱の勃発地は?京都・観光文化検定(京都検定)三級過去問

【アクセス】下鉄烏丸線「鞍馬口」下車、徒歩約5分
市バス(45系統)「烏丸鞍馬口」下車、徒歩約5分

【所在地】京都市上京区上御霊前通烏丸東入上御霊堅町495

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする