刀剣のつばなどの装飾として用いられた伝統工芸品は?京都検定三級過去問!

【問題】刀剣のつばなどの装飾として用いられ、明治時代には廃刀令によって打撃を受けたが、一方で欧米への土産物として珍重され、京都博覧会などでその技術が海外に宣伝された伝統工芸品は何か。

(ア)京指物

(イ)京石工芸品

(ウ)京竹工芸品

(エ)京象嵌

京都・観光文化検定試験 第13回 3級 第78問

【正解】

(エ)京象嵌

出典本 http://www.kawahitozougan.com/company/

丸暗記しましょう!

「京象嵌」は、刀剣のつばなどの装飾として用いられ、京都博覧会などでその技術が海外に宣伝された伝統工芸品である。

💡京象嵌の詳しい説明はこちらをご覧ください

↓      ↓

京都伝統工芸品 京象嵌

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする