顔料の胡粉の材料は何か?京都・観光文化(京都検定)三級過去問!

【問題】日本画や文化財の彩色修復などに用いられる白色の顔料を「胡粉」といい、最近ではネイルの色彩にも使われ、天然素材として人気がある。この「胡粉」の材料は何か。

(ア)貝がら

(イ)白檀(びゃくだん)

(ウ)柘植(つげ)

(エ)ハゼの実

京都・観光文化検定試験 第13回 3級 第79問

【正解】

(ア)貝がら

丸暗記しましょう!

日本画や文化財の彩色修復などに用いられる白色の顔料の「胡粉」の材料は「貝がら」である。

■胡粉ネイル

出典元https://travel.mynavi.jp/sp/kanko/article/1747/

■胡粉

胡粉(ごふん)は顔料のひとつ。現在では貝殻から作られる、炭酸カルシウムを主成分とする顔料を指す。かつて中国の西方を意味する胡から伝えられたことから、胡粉と呼ばれる。古くは鉛白(塩基性炭酸鉛)を指した。日本画や日本人形の絵付けに用いられる。

(出典元ウィキペディア)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする