堀川北大路下ルに紫式部と並んである墓は誰の?京都検定三級合格ガイド!

【問題】平安初期の公卿・歌人として知られ、六道の辻の伝説では夜に地獄の閻魔大王に仕えたとされる(             )の墓所は、堀川北大路下ルにある。

(ア)藤原定家

(イ)小野篁

(ウ)大伴黒主

(エ)紀友則

京都・観光文化検定試験 第13回 3級 第92問

【正解】

(イ)小野篁

丸暗記しましょう!

「小野篁(おののたかむら)」 は、平安初期の公卿・歌人として知られ、六道の辻の伝説では夜に地獄の閻魔大王に仕えたとされ、墓所は、堀川北大路下ルにある。

【小野篁 立像】

出典元http://www.rokudou.jp/legend/takamura.html

(おの の たかむら)

延暦21年(802年) – 仁寿2年12月22日(853年2月3日))は、平安時代前期の公卿・文人。

参議・小野岑守の長男。官位は従三位・参議。

異名は野相公、野宰相、その反骨精神から野狂とも称された。小倉百人一首では参議篁(さんぎたかむら)。

■逸話と伝説

小野篁は昼間は朝廷で官吏を、夜間は冥府において閻魔大王のもとで裁判の補佐をしていたという伝説が『江談抄』、『今昔物語集』、『元亨釈書』といった平安時代末期から鎌倉時代にかけての書籍に紹介され、後世の『本朝列仙伝』(田中玄順・編、1867年・刊)など多くの書籍に引用されている。

(出典元ウィキペディア)

【小野篁 の墓】

出典元http://www.kyoto-art.ac.jp/blog-theater/2012/04/4840/

京都市北区にある篁のものと伝えられる墓の隣には、紫式部のものと言われる墓があるが、これは愛欲を描いた咎で地獄に落とされた式部を、篁が閻魔大王にとりなしたという伝説に基づくものである。

(出典元ウィキペディア)

六道珍皇寺と小野篁の不思議な伝説(六道珍皇寺公式サイト)

💡六道の辻の関連過去問と解説はこちらをご覧ください💁

↓        ↓       ↓

幽霊子育飴はどこの門前で販売されているか?京都検定三級過去問!

「水回向」を盂蘭盆会行事として行う寺院は?京都・観光文化検定(京都検定)三級合格ガイド!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする