本法寺の三巴の庭の作者は?京都検定三級過去問!

【問題】堀川寺之内北東の一角に位置する本法寺には、(           )の作と伝わる3巴の庭がある。

(ア)本阿弥光悦

(イ)夢窓疎石

(ウ)重森三玲

(エ)小堀遠州

京都・観光文化検定試験 第13回 3級 第93問

【正解】

(ア)本阿弥光悦

丸暗記しましょう!

堀川寺之内北東の一角に位置する本法寺には、 「本阿弥光悦」の作と伝わる3巴の庭がある。

出典元http://www.kyotofukoh.jp/report287.html

■本阿弥 光悦

江戸時代初期の書家、陶芸家、芸術家。書は寛永の三筆の一人と称され、その書流は光悦流の祖と仰がれる。

💡本阿弥光悦の関連過去問はこちらをご覧ください💁

↓                 ↓                  ↓

本阿弥光悦が開いた芸術村は?京都検定三級過去問!

養源院の杉戸「唐獅子図」「白象図」を描いた絵師は?京都検定三級過去問!

本法寺 公式サイト

【アクセス】JR 京都駅下車 タクシー20分 市バス9系統 堀川寺之内下車 徒歩約3分

【所在地】京都市上京区小川通寺之内上ル本法寺前町617番地

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする