修学院離宮を造営した天皇は?京都検定三級過去問!

【問題】学問・文芸に造詣が深く、譲位後自ら計画・設計して修学院離宮を造営した江戸初期の天皇は誰か。

(ア)後成陽天皇

(イ)後水尾天皇

(ウ)明正天皇

(エ)東山天皇

京都・観光文化検定試験 第12回 3級 第8問

【正解】

(イ)後水尾天皇

丸暗記しましょう!

「後水尾天皇」は、学問・文芸に造詣が深く、譲位後自ら計画・設計して修学院離宮を造営した。

■後水尾天皇

出典元ウィキペディア

(1596~1680) 第一〇八代天皇(在位1611~1629)。名は政仁ことひと。後陽成天皇の第三皇子。「禁中並公家諸法度」などで皇室に圧力を加える幕府に抵抗。明正天皇に譲位後、四代51年間院政を行う。学問・芸術を好み、修学院離宮を造営。歌集「鷗巣集」

(出典元大辞林 第三版)

■修学院離宮

出典元出典元 http://sankan.kunaicho.go.jp/guide/institution_shugaku.html

類似過去問と解説はこちらをご覧ください💁

↓            ↓            ↓

後水尾上皇が造営した山荘は?京都検定(京都・観光文化検定)三級合格ガイド

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする