禅宗とともに茶の風習を広めたのは?京都検定三級過去問!

【問題】栄西は宋から喫茶の風習を持ち帰り、(        )の開山となって禅宗と共に茶を広めた。

(ア)建仁寺

(イ)大徳寺

(ウ)高山寺

(エ)萬福寺

京都・観光文化検定試験 第12回 3級 第15問

【正解】

(ア)建仁寺

丸暗記しましょう!

栄西は宋から喫茶の風習を持ち帰り、建仁寺 の開山となって禅宗と共に茶を広めた。

出典元ウィキペディア

【喫茶養生記】

喫茶の効能や製法を述べた漢文体の書。上下2巻。禅僧栄西が承元5 (1211) 年著述。栄西が鎌倉下向の際,将軍源実朝に献上したもの。茶は仏教とともに中国から伝来したが,平安時代には上流貴族や僧侶の間で薬の一種と考えられ,長寿の妙薬とされていた。栄西も本書で茶の製法や効能を説き,喫茶による諸病の治療法を述べ,健康管理の必要を主張している。『群書類従』『大日本仏教全書』に収められている。

(出典元ブリタニカ国際大百科辞典)

💡こちらも合わせご覧ください。

↓        ↓       ↓

建仁寺 開山栄西禅師

💡関連過去問はこちらをご覧ください💁

↓           ↓          ↓

その山内に恵美須神を最初にまつった寺院は?京都検定三級過去問!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする