百夜通いの伝説で、深草将校が会うことが叶わなかった美女は?

【問題】百夜通いの伝説で、深草将校が通い続けたが会うことが叶わなかった美女は誰か。

(ア)紫式部

(イ)清少納言

(ウ)小野小町

(エ)和泉式部

京都・観光文化検定試験 第12回 3級 第69問

【正解】

(ウ)小野小町

丸暗記しましょう!

百夜通いの伝説で、深草将校が通い続けたが会うことが叶わなかった美女は 「小野小町」である。

■小野小町

平安時代前期9世紀頃の女流歌人。

六歌仙、三十六歌仙、女房三十六歌仙の一人。

絶世の美女として七小町など数々の逸話があり、後世に能や浄瑠璃などの題材としても使われている。だが、当時の小野小町像とされる絵や彫像は現存せず、後世に描かれた絵でも後姿が大半を占め、素顔が描かれていない事が多い。

出典元ウィキペディア

■深草少将

室町時代に世阿弥ら能作者が創作した、小野小町にまつわる「百夜通い」の伝説に登場する人物。深草の里の欣浄寺(京都市伏見区)に屋敷があったともされる。

欣浄寺の池の横には「少将の通い道」とよばれるものがあり、訴訟を持っている者がここを通るとかなわないと言われる。その他、小野小町供養塔と並んで深草少将供養塔がある。また、随心院(京都市山科区)には、深草少将等が書いた手紙を埋めたとされる「文塚」等がある。小野小町を愛したといわれ、小町が私の元へ百日間通い続けたら結婚しようと言い、九十九夜通ったが、雪の降る日で、雪に埋まり凍死したとも言われている。

(出典元 ウィキペディア)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

ビットコインを増やすUSI-Techの最新情報はここからどうぞ♪

登録はこちらから

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする