明治初期に植村正直が整備した繁華街は?京都検定三級過去問!

【問題】明治5年(1872)、当時の京都府参事・槇村正直が沈滞する町に活気を取り戻すために拓いた通りはどこか。

(ア)新町通

(イ)新京極

(ウ)新千本通

(エ)木屋町通

京都・観光文化検定試験 第12回 3級 第74問

【正解】

(イ)木屋町通

丸暗記しましょう!

「新京極」は、明治5年(1872)、当時の京都府参事・槇村正直が沈滞する町に活気を取り戻すために拓いた通りである。

出典元ウィキペディア

  💡類似過去問題と解説はこちらをご覧くださいね💁‍♀️

↓            ↓            ↓             ↓

■明治初期に作られた大繁華街は?京都検定三級合格ガイド!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする