平安京大極殿があった場所は?京都検定3級過去問!

【問題】平安宮大極殿があった場所は、現在のどの辺りか。

(ア)大宮三条

(イ)千本丸太町

(ウ)千本三条

(エ)九条大宮

京都・観光文化検定試験 第14回 3級 第3問

【正解】

(イ)千本丸太町

丸暗記しましょう!

平安宮大極殿があった場所は、現在の千本丸太町のあたりである。

■平安京の大極殿跡

(出典元ウィキペディア)

(出典元https://www.kyoto-arc.or.jp/museum/map/1kyu.pdf)

■大極殿

大内裏朝堂院の正殿。天皇が政務をとり,賀正、即位など国家の大令を行なったところ。中国では易に「太極」の語があり,青竜3 (235) 年曹魏明帝の洛陽宮に「太極殿」を建てた記録がある。日本では『日本書紀』の皇極天皇4年の条に初見。最古の旧跡は藤原宮のもので,平城宮には殿址も残り,平安京のものは治承1 (1177) 年焼亡して廃絶した。

(出典元ブリタニカ国際大百科事典)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする