大政奉還を行った将軍は?京都検定三級過去問!

【問題】慶応3年(1867)10月、政権を朝廷に返上する大政奉還を行った将軍は誰か。

(ア)徳川吉宗

(イ)徳川家茂

(ウ)徳川慶喜

(エ)徳川家光

京都・観光文化検定試験 第14回 3級 第9問

【正解】

(ウ)徳川慶喜

丸暗記しましょう!

慶応3年(1867)10月、政権を朝廷に返上する大政奉還を行った将軍は 「徳川慶喜」である。

⬛️徳川慶喜

出典元ウィキペディア

江戸幕府第15代将軍。在職1867~1868。斉昭の七男。一橋家を相続。将軍継嗣問題では家茂に敗れ、安政の大獄では隠居謹慎を命じられた。桜田門外の変以後は家茂の後見職をつとめ、家茂の死後、江戸幕府最後の将軍となった。慶応3年(1867)大政奉還し、翌年江戸城を明け渡した。

(出典元デジタル大辞泉)

💡類似過去問と説明はこちらをご覧ください💁‍♀️

↓        ↓         ↓          ↓

⬛️大政奉還の行われた場所は?京都観光文化検定(京都検定)3級合格ガイド

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする