東福寺方丈や光明院、松尾大社などの庭園を手掛た作庭家は?京都検定3級過去問!

【問題】東福寺方丈や光明院、松尾大社などの庭園を手掛けた昭和を代表する作庭家は誰か。

(ア)小川治兵衛

(イ)小島佐一

(ウ)中根金作

(エ)重森三玲

京都・観光文化検定試験 14 3 26

【正解】

(エ)重森三玲

丸暗記しましょう!

重森三玲は、東福寺方丈や光明院、松尾大社などの庭園を手掛けた昭和を代表する作庭家である。

■重森三玲

造園家、庭園史研究家。岡山県生まれ。日本美術学校卒業後、東洋大学文学部に学ぶ。幼時から絵画、いけ花、茶道を好み、18歳のとき父元治郎の経済的援助により、真行草の茶室^_^天籟庵(あん)を設計(現在岡山県加賀(かが)郡吉備中央(きびちゅうおう)町の重森三玲記念館の横に移築・保存)。青年期から日本庭園史の研究および茶・華道の研究を行う。設計した庭園および茶室は、社寺、住宅、ホテルなどに約300を数え、代表作に京都・松尾大社庭園がある。主著『日本庭園史図鑑』全28巻、『日本庭園史大系』(共著)全35巻など。[重森完途]

(出典元日本大百科全集)

■東福寺方丈

(出典元ウィキペディア)

■松尾大社

出典元https://garden-guide.jp/spot.php?i=matsunoo

■光明院

出典元http://www.imamiya.jp/haruhanakyoko/colored/info/komyo.htm

💡類似過去問と説明はこちらをご覧ください💁‍♀️

↓        ↓        ↓       ↓

■東福寺方丈の八相の庭の作者は?京都検定三級過去問!