仏事用の水引の色は?京都検定(京都・観光文化検定)三級合格ガイド

【問題】元来、京都における仏事用の水引の色は、(            )と白色を用いる。

(ア)浅葱色

(イ)黄色

(ウ)紅色

(エ)銀色

京都・観光文化検定験 第9回 3級 第56問

【正解】

(イ)黄色

image

丸暗記しましょう!

京都における仏事用の水引の色は、黄色と白色を用いる。

⭐︎黄色と白色の水引の由来⭐︎

黄白の水引については京都で古くから使われていたもので、皇室に献上する品には紅白の水引がかけられていたのですが、この紅白の色は紅の色が深く、一見すると白黒に見間違えるような色だったのです。そして京都の公家社会では悲しみをあらわす色として黄色を使う習慣があったので、紅白と白黒の混同を避けるために一般人にも法要時などには黄白を使うという習慣が広まったということです。

〈出典元 興願寺ホームページ〉

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする