明治初期に作られた大繁華街は?京都検定三級合格ガイド!

【問題】明治初期、京都府政を担った槇村正直は、寺町通りの寺地を整備して、南北の道を開通させ、芝居小屋などが並ぶ一大繁華街を作った。今も(            )としてにぎわっている。

(ア)河原町商店街

(イ)三条名店街商店街

(ウ)新京極商店街

(エ)四条繁栄会商店街

京都・観光文化検定験 第10回 3級 第85問

【正解】

(ウ)新京極商店街

丸暗記しましょう!

新京極商店街は、明治初期に植村直正によって、寺町通りの寺地を整備して作られた。

image

image

新京極商店街の南の入り口は四条通り、北は三条通りです。

出典元 http://www.shinkyogoku.or.jp

出典元 http://www.shinkyogoku.or.jp

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする