明治天皇の御陵は?京都検定三級合格ガイド

【問題】今年(平成24年)、崩御後100年を迎えた明治天皇の御陵はどこか。

(ア)柏原陵

(イ)月輪陵

(ウ)伏見桃山陵

(エ)山科陵

京都・観光文化検定験 第9回 3級 第10問

【正解】

(ウ)伏見桃山陵

丸暗記しましょう!

伏見桃山陵は明治天皇の御陵である。

1912年(明治45年)7月30日、明治天皇は明治45年(1912)東京の宮城・明治宮殿で崩御しました。同年(大正元年)9月13日に東京・青山の帝國陸軍練兵場(現在の神宮外苑)にて大喪儀が執り行なわれた後、翌9月14日に埋葬されました。

伏見桃山御陵は、豊臣秀吉の築いた伏見城の本丸跡地にあります。

墳丘は古式に範を採った上円下方墳です。

出典元 http://www.pref.kyoto.jp

出典元 http://www.pref.kyoto.jp

アクセス

JR「桃山」下車 東へ1km

近鉄「桃山御陵前」下車 東へ1.5km

京阪「伏見桃山」下車 東へ1.5km

出典元 http://www.kunaicho.go.jp

出典元 http://www.kunaicho.go.jp

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする