修学院離宮を造営した天皇は?京都検定第15回3級過去問!

【問題】譲位後、自ら計画・設計し、洛北に広大な山荘である修学院離宮を造営した天皇は誰か。

(ア)後陽成天皇

(イ)後水尾天皇

(ウ)光格天皇

(エ)東山天皇

京都・観光文化検定試験 第15回 3級 第8問

【正解】

(イ)後水尾天皇

京都検定3級合格必須の丸暗記文!

後水尾天皇は、譲位後、自ら計画・設計し、洛北に広大な山荘である修学院離宮を造営した

■後水尾天皇

出典元ウィキペディア

1596~1680]第108代天皇。在位、1611~1629。後陽成天皇の第3皇子。名は政仁(ことひと)。禁中並公家諸法度の制定などによる幕府の圧迫に対する不満から明正天皇に譲位、その後4代にわたって院政を執った。学問・詩歌を好み、洛北に修学院離宮を造営。歌集「鴎巣集」がある。(出典元デジタル大辞泉)

■修学院離宮

出典元http://blog.livedoor.jp/shohei72/archives/1073471.html

修学院離宮公式サイト

★同じ過去問と解説はこちらをご覧ください

 ↓  ↓  ↓  ↓ 

修学院離宮を造営した天皇は?京都検定第12回3級過去問!

後水尾上皇が造営した山荘は?京都検定第10回3級過去問!

しあわせチップス メンタル心理カウンセラーRITAの部屋

女性限定⭐︎10日間あなたの心の基地になります 感情のバランスを整えて、本来のあなたの輝きを取り戻しましょう

ブログランキングを見る

ブログランキングに参加しております
よろしければポチっとおねがいします

生涯学習ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする