技法が型と手描きに大きく分けられる京都の伝統的工芸品は?京都検定3級過去問!

【問題】扇絵を描いていた江戸時代の町絵師が考案した(     )は、技法が型と手描きに大きく分けられる京都の伝統的工芸品である。

(ア)京鹿の子絞り

(イ)京友禅

(ウ)京黒紋付染

(エ)西陣織

京都・観光文化検定試験 14 3 32

【正解】

(イ)京友禅

丸暗記しましょう!

京友禅は、京都の伝統的工芸品で、扇絵を描いていた江戸時代の町絵師が考案し、技法が型と手描きに大きく分けられる。

■京友禅

京都の伝統工芸品の1つで、古来の染色技法を扇絵師の宮崎友禅斎が大成したもの[1]。鴨川の流れでさらし、鮮やかな色彩を出していたが、最近は郊外に移転している。

(技法)

本格的な手描き友禅の場合、完成までに26もの工程を踏む大変手間のかかるものとなるため、現在は型染めや捺染が主流。

(出典元ウィキペディア)

    出典元https://kogeijapan.com/locale/ja_JP/kyoyuzen/