今日庵と呼ばれる茶室がある茶道家元は?京都検定第15回3級過去問

【問題】今日庵と呼ばれる茶室がある茶道家元はどれか。

(ア)表千家

(イ)裏千家

(ウ)武者小路千家

(エ)薮内家

京都・観光文化検定試験 第15回 3級 第34問

【正解】

(イ)裏千家

京都検定3級合格必須の丸暗記文!

今日庵と呼ばれる茶室がある茶道家元は裏千家である。

■今日庵

出典元裏千家公式サイト

京都市上京区本法寺町にある家屋。又隠(ゆういん)とともに裏千家流の象徴というべき一畳台目向板の茶席。千宗旦が不審庵の後庭に隠居所として1648年建てたもの。名の由来については諸説あるが,大徳寺の僧清巌が腰張に書いた〈懈怠比丘不期明日〉の語によるとされる。(出典元百科事典マイペディア)

■裏千家

茶道千家の家系,三千家の一つ。千宗旦が不審庵を江岑 (こうしん) 宗左に譲り,茶室今日庵を建ててしばらく住んでいたが,さらに又隠 (ゆういん) に移り,今日庵を江岑の弟の仙叟宗室に譲った。今日庵は不審庵の庭続き北裏にあったので裏千家といわれた。現在では完全に分離している。1世利休,2世少庵,3世宗旦,4世宗室以降,現在まで継承されている。庵号を今日庵という。(出典元ブリタニカ国際大百科事典)

■関連過去問と解説はこちらをご覧ください

 ↓  ↓  ↓  ↓

代表的な茶室が不審庵の茶道は?京都検定第14回3級過去問!

武者小路千家にある代表的な茶室は?京都検定第12回3級過去問!

新版 京都・観光文化検定試験公式テキストブック

貴女のココロに寄り添いお話を聞かせていただきます 波乱万丈の人生経験済みの★心理カウンセラー★愚痴などもOK

しあわせチップス~ココロもカラダもお財布も満たされましょう♪

ブログランキングを見る

ブログランキングに参加しております
よろしければポチっとおねがいします

生涯学習ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする