北野天満宮門前の花街は? 京都・観光文化検定3級過去問

【問題】五花街の中で、北野天満宮の門前で発達した花街はどこか。

(ア)先斗町

(イ)宮川町

(ウ)上七軒

(エ)祇園東

京都・観光文化検定験 第11回 3級 第40問

【正解】

(ウ)上七軒

丸暗記!

【正解】

上七軒(かみしちげん)は北野天満宮の門前で発達した花街である。

◆五花街(ごかがい)

現在、祇園甲部、宮川町、先斗町、上七軒、祇園東の5つの花街があります。

室町時代に北野天満宮の改修の際に、残材を以て、東門前の松原に、七軒の茶店を建て、参拝客の休憩所としたのが、上七軒の由来だと言われています。舞踊は花柳流で、春に「北野をどり」、秋に「寿会」の公演を行っています。

更に詳しい歴史は、上七軒の歴史 (上七軒歌舞会ホームページ)を是非読んでみてくださいね。

3月1日 朝11時より上七軒界隈を会場に世界一安心安全おもてなしのまち京都パレードが実施されました。
上七軒からも芸妓さん、舞妓さんが参列されました。

〈出展元 上七軒歌舞会フェイスブック〉

image

image

image

image

 



◆関連過去問と解説はこちらをご覧ください

【問題】五花街のうち、北野天満宮の門前で発展した(      )は、花街として最も古い歴史を持つ。 (ア)先斗町 (イ)宮川町 (ウ)上...
ブログランキングを見る

ブログランキングに参加しております
よろしければポチっとおねがいします

生涯学習ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする