東本願寺の飛地境内地で石川丈山らが作庭に関わったとされる庭園は?京都検定第15回3級過去問

【問題】東本願寺の飛地境内地で枳殻邸(きこくてい)とも呼ばれ、石川丈山らが作庭に関わったとされる庭園はどこか。

(ア)渉成園

(イ)有清園

(ウ)清流園

(エ)白龍園

京都・観光文化検定試験 第15回 3級 第25問

【正解】

(ア)渉成園

京都検定3級合格必須の丸暗記文!

渉成園は、東本願寺の飛地境内地で石川丈山らが作庭に関わったとされる庭園である

出典元 http://ichyouraihuku.blog.so-net.ne.jp

◆渉成園

京都市下京区にある東本願寺の別邸。寛永一八年(一六四一)徳川家光が寄進した地に伏見城の一部を移し、石川丈山に池泉を築かせた。国名勝。枳殻(きこく)邸。(出典元日本国語大辞典)

■類似過去問と解説はこちらをご覧ください

↓  ↓  ↓  ↓

渉成園(枳殻邸)を飛地境内にもつ寺院は?京都検定第13回3級過去問!

東本願寺公式サイト渉成園のページ

新版 京都・観光文化検定試験公式テキストブック

【アクセス】

JR京都駅下車 徒歩10分

地下鉄 五条駅より徒歩5分

市バス 烏丸七条バス停より徒歩1分

【所在地】京都市下京区烏丸通七条上る

貴女のココロに寄り添いお話を聞かせていただきます 波乱万丈の人生経験済みの★心理カウンセラー★愚痴などもOK

★しあわせチップス ~カラダもココロもお財布も満たされましょう♪

ブログランキングを見る

ブログランキングに参加しております
よろしければポチっとおねがいします

生涯学習ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする