東本願寺の東側の石山丈山作庭の庭園は?京都検定第10回3級過去問!

【問題】東本願寺の東側にある庭園(            )は、宣如が石川丈山らとともに作庭した。

(ア)楽水園

(イ)渉成園

(ウ)滴翠園

(エ)有清園

京都・観光文化検定験 第10回 3級 第24問

【正解】

(イ)渉成園

出典元 http://ichyouraihuku.blog.so-net.ne.jp

出典元 http://ichyouraihuku.blog.so-net.ne.jp

丸暗記しましょう!

【渉成園】

泉回遊式庭園をもつ東本願寺(真宗本廟)の(別邸)。

1641(寛永18)年に三代将軍・徳川家光から当地(約一万坪)が寄進され、石川丈山によって作庭されました。

園内の諸殿は1858(安政5)年、1864(元冶元)年の二度にわたって焼失しました。

現在の建物は明治初期から末年ごろに至る間に順次再建されたものです。

庭園には四季折々の花が咲きほこり、変化に富んだ景観は「十三勝」や「十景」と称されて、

高い評価がなされています。

■関連過去問と解説はこちらをご覧ください

↓  ↓  ↓  ↓

渉成園(枳殻邸)を飛地境内にもつ寺院は?京都検定第13回3級過去問!

東本願寺の飛地境内地で石川丈山らが作庭に関わったとされる庭園は?京都検定第15回3級過去問

東本願寺公式サイト渉成園のページ

【アクセス】

JR京都駅下車 徒歩10分

地下鉄 五条駅より徒歩5分

市バス 烏丸七条バス停より徒歩1分

【所在地】京都市下京区烏丸通七条上る

image

ブログランキングを見る

ブログランキングに参加しております
よろしければポチっとおねがいします

生涯学習ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする