祇園祭で神幸祭から還幸祭の間、神輿が滞在する場所は?京都・観光文化検定3級過去問

【問題】祇園祭で神幸祭から還幸祭の間、神輿(みこし)が滞在する八坂神社御旅所はどこにあるか。

(ア)四条烏丸

(イ)烏丸御池

(ウ)四条寺町

(エ)四条河原町

京都・観光文化検定試験 第15回 3級 第46問

【正解】

(ウ)四条寺町

京都検定3級合格必須の丸暗記文!

祇園祭で神幸祭から還幸祭の間、神輿(みこし)が滞在する八坂神社御旅所は四条寺町にある。

八坂神社の御旅所は古くは大政所御旅所・少将井御旅所の2ヶ所があったが、1591年(天正19)に豊臣秀吉の命により四条京極一ヶ所に移転した。1912年(明治45)四条通り拡幅に伴い現在の姿となった。毎年7月17日の神幸祭に八坂神社からの神輿が渡御し、24日の還幸祭までとどまる場所である。(出典元京都観観光Navi)

■所在地 京都市下京区四条通寺町東入南側貞安前之町

■関連過去問と解説はこちらをご覧ください

【問題】祇園祭の宵山に旧家が、秘蔵の美術品を展示することを何祭と呼ぶか。 (ア)骨董祭 (イ)着物祭 (ウ)屏風祭 (エ)掛軸祭 ...



新版 京都・観光文化検定試験公式テキストブック

3日でマスター!京都検定3級虎の巻

ブログランキングを見る

ブログランキングに参加しております
よろしければポチっとおねがいします

生涯学習ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする