京の節分行事は何と呼ばれるか?京都検定第15回3級過去問

【問題】京の節分行事で行われる追儺式(ついなしき)は何と呼ばれるか。

(ア)鬼やらい

(イ)鬼くすべ

(ウ)鬼法楽

(エ)百鬼夜行

京都・観光文化検定試験 第15回 3級 第42問

【正解】

(ア)鬼やらい

京都検定3級合格必須の丸暗記文!

京の節分行事で行われる追儺式(ついなしき)は『鬼やらい』と呼ばれる。

■追儺

鬼やらい,なやらい,大儺 (たいだ) ,駆儺 (くだ) ともいう。宮中の年中行事の一つ。悪魔を祓い,悪疫邪気を退散させる儀式。中国に始り,文武天皇 (在位 697~707) の頃に伝わり,のちには社寺,民間でも行われた。古くは大みそかに行われたが,のちに節分の豆まきとして行われるようになった。(出典元ブリタニカ国際大百科事典)

京都・石清水八幡宮で鬼やらい神事

■関連過去問と解説はこちらをご覧ください

 ↓  ↓  ↓  ↓

四つ目の仮面を被った方相氏が登場する節分祭は?京都検定第14回3級過去問!

新版 京都・観光文化検定試験公式テキストブック

貴女のココロに寄り添いお話を聞かせていただきます 波乱万丈の人生経験済みの★心理カウンセラー★愚痴などもOK

しあわせチップス~ココロもカラダもお財布も満たされましょう♪

ブログランキングを見る

ブログランキングに参加しております
よろしければポチっとおねがいします

生涯学習ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする